視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

サプリで視力低下を防ぐ!

現代人のお悩みを解決!

視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

今多くの人が悩んでいる問題のひとつが「視力」です。パソコンやスマホが普及したこともあり、視力低下が気になることが増えました。長時間にわたりパソコン作業などをしていると、どうしても目は疲れていき、そのせいで視力低下を誘発してしまいます。

 

目が重く怠い、ぼやけて見えづらいなどの不快感を感じる方のために、当サイトでは視る力をサポートしてくれるサプリメントを厳選しました。一般的に、目が疲れているときは、点眼薬(目薬)が効くイメージがありますが、体内からもケアすることによって、より一層対策力が上がります。

 

目に良いと言われる成分
  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン

 

目に良いとされる成分には、上記のようなものがあります。よく、目にブルーベリーが良いと聞きますが、これもアントシアニンという成分の力です。

 

このように、有効成分を取り入れることで、効果的に目の疲労を回復させ視力低下予防や視力回復をサポートします。

 

視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

めなりの特徴

目の疲れや視界がボケる、視力ががくっと落ちたなど、目にお悩みのある方にオススメのサプリメント。『めなり』では、目に良いと言われるビルベリーやルテインに着目し作られています

吸収率2倍のビルベリーとルテイン、2大成分の力で視力回復や低下対策に。目の有効成分と言われるアントシアニンは、なんと1日分に51mgも配合されています。ルテインは12mg、ゼアキサンチンも2.4mg配合。たった2粒で、これほどの有効成分を補えます。

価格 907円
評価 評価5
備考 成分:アントシアニン、ルテイン、ゼアキサンチンなど

視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

大正ブルーベリーの特徴

大正製薬から登場。『大正ブルーベリー』は、疲れ目や視力低下を起こしている目に嬉しい成分をギュッと配合した製品です。

製薬会社品質で安全であり、有効成分のビルベリーエキスとルテインを配合しています。ダブル成分の働きで目の疲労回復や老化防止をサポート。

価格 1,000円
評価 評価4.5
備考 成分:アントシアニン、ルテインなど

視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

アスタブライトの特徴

『アスタブライト』では、目に良いと言われる有用成分をたっぷりと配合しています。マキベリーにアスタキサンチン、DHAやEPAまで配合。

マキベリーとアスタキサンチンには視力回復をサポートする力があり、マキベリーは1日分に100mgも配合しています。アスタキサンチンもたっぷり8.1mg配合。そこに、DHA・EPAも配合して仕上がっています。

価格 1,834円
評価 評価4
備考 成分:マキベリー、アスタキサンチン、DHA・EPAなど

 

目に良いサプリメントの成分を分析!

視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

先ほど紹介したように、現在は視力回復をサポートしてくれるサプリメントも充実しています。

 

そこで、目に良いサプリメントの成分を分析してみました。各成分名とともに作用もご紹介します。

 


アントシアニン

目に良いことで最も有名な成分。ブルーベリーに主に含まれるもので、目の感度を高める作用があると言われています。ポリフェノールの一種であり、優れた抗酸化力を持っています。

 

疲れ目や、視力回復に効果が期待できます。

 

ルテイン

主に目の老化を防ぐ働きとして、ルテインはサプリメントに使われているようです。ルテインは葉緑体や卵黄などに含まれる色素のことで、紫外線防止力に優れていて、目の健康維持をサポートしてくれると考えられています。

 

βカロテン

特徴はアントシアニンと似ています。目の感度を良くすると言われています。光りを感知する重要なロドプシンの再合成を体内で促進する働きがあります。

 

以上が、目に良いとされるポピュラーな成分です。サプリメント選びの参考にしてください。

 

視力回復をサポートしてくれる食品があった!?

視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

そもそも目に良いサプリメントに含まれる成分は、食品に含まれるものも多いです。アントシアニンはブルーベリーに、ルテインはケールなどに含まれていることで知られています。

 

このように、実は食品にも視力回復をサポートしてくれるものがあるとされています。そのため、目の疲れや視力低下が気になる方は、食生活も見直してみるとよいでしょう。

 

身近な食品にも、目に良い成分が含まれています。

 

にんじん

にんじんは、βカロテンが豊富な食材です。βカロテンには、老化を防ぐ作用に期待でき、目の老化予防、白内障や緑内障対策になり、同時に生活習慣病予防にも良いと言われています。

 

ちなみにβカロテンは、体内でビタミンAに変換されます。これが、目の網膜の光を調整する細胞の機能維持をサポートする重要な役割をになっているため、目の健康維持ににんじんが良いと言われています。

 

黒ゴマ、黒豆

健康食品として注目されている黒ゴマや黒豆ですが、実は目に良いと言われるアントシアニンも豊富に含んでいます。したがって、目に良い食品です。アントシアニンには、加齢などで衰える色素体のロドプシンの再合成を促す働きがあります。これによって視力低下を防いだり、目の疲れをサポートしてくれます。

 

しかもアントシアニンはポリフェノールで抗酸化作用にも優れているため、白内障など目の病気予防にもなると言われています。同時に血液循環を良くするため、目に必要な酸素や栄養も供給されて、さまざまな角度から疲れやすい目をサポートします。

 

また、黒ゴマにはストレス物質をなくすゴマリグナンも含まれていて、疲れ目に良いとされています。このように、黒ゴマや黒豆には目に良い成分が含まれているので、健康増進とともに視力回復もはかれます。

 

青魚(DHA・EPA)

βカロテンやアントシアニンの他に、今注目を集めているDHA・EPA。血液サラサラ成分で生活習慣病対策になる健康成分として有名ですが実は目にも良いと言われています。DHAには、脳や目の周辺の血流を良くする働きがあるため、目の周りにある細胞も活性化され視力回復にも良いと言われているのです。

 

DHA・EPAは摂取して損のない成分といっても過言ではありません。主に青魚に多く含まれているので、ぜひ日ごろの食生活に取り入れてみてください。

 

今注目の『オルソケラトロジー』とは?

視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

視力回復のための治療というと、「レーシック手術」が有名ですね。実際にレーシック手術には視力回復効果がみられますが、危険もついてまわります

 

一方、今注目されている「オルソケラトロジー」は、レーシックに比べてもリスクが低い視力矯正方法です。手術は行わないため、危険性が低く注目を集めています。

 

視力を回復させる仕組みですが、特殊なコンタクトレンズによって矯正を行います。専用のレンズを角膜に強く押しつけて変形させることにより、視力が回復する仕組みになっています。事前に検査を受けてレンズを作り、矯正を行います。

 

効果については、個人差があるのですが、大体8時間〜1日半ほど持続します。手術のようなリスクがなく、比較的安全な方法として選ばれています。ただし、近視には適応していません。

 

また、レンズが汚れたときは効果が下がるのでケアを徹底するなどの手間はかかります。このあたりがデメリットであるものの、従来のレーシックよりも安全性が注目されています。

 

危険!?コンタクトレンズユーザーのリスク

視力回復サプリ サプリで視力の低下を防ごう!

視力が悪くなると矯正するために、メガネやコンタクトレンズを使用すると思います。現在は種類も増え、コンタクトレンズユーザーも多いでしょう。事実、日本コンタクトレンズ協会による調査では、10人に1人がコンタクトレンズを使用していると言われています。おおよそ、1,500万人と考えられます。

 

視力矯正だけでなく、オシャレ目的でつけている方も多いですよね。

 

ところが、コンタクトレンズにもリスクがありました。ユーザーが増えていることに比率しコンタクトレンズが起因となる眼障害も増加傾向にあるようです。コンタクトレンズは眼につけるものですから、なんとなくは危険性があることが分かるかと思います。

 

もちろん、適切にケアしながら使用する分には、ほぼ危険はありません。ただ、使用期限を守らない、長時間使う、洗浄しないなどのケア不足によって、眼障害のリスクが高くなります。

 

コンタクトレンズによる眼障害のリスク
  • 巨大乳頭結膜炎
  • 角膜浸潤
  • 角膜血管新生
  • 細菌性角膜腫瘍

 

上記のような眼障害のリスクがあります。

 

日中にコンタクトレンズを使用していてレンズに付着した汚れがアレルギー反応を引き起こすことで巨大乳頭結膜炎を起こし、レンズが不衛生であると角膜浸潤などを発症することがあります。

 

また、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうと、細菌性角膜腫瘍の危険性があります。つまりは、正しく、衛生管理をせずに使用することで、眼の病気が誘発されます。とくに危険なのが、細菌性角膜腫瘍で、角膜が傷つき微生物の感染が起こっている状態です。このままでは失明する危険もあり、視力低下や充血などの症状を招きます。

 

何らかの不快感を感じたら、眼科で診てもらいましょう。そしてなにより、コンタクトレンズを使うときには衛生ケアを行い、正しく使用してください。